MENU

スズキアリーナ阪神

クランクプーリーの錆に注意!

        車には、発電機・クーラーコンプレッサー・ウォーターポンプなどを
           駆動させるため、ドライブベルトが装着されています。
             (HV等、無い車も増えてきていますが・・・)

     定期交換が必要な消耗部品ですが、ベルトがかかっているプーリー側の「錆」にも注意が必要。
         あまり乗られない方や、ウィンタースポーツ使用、保管地域によっては、
      錆が発生し、そのまま使用しているとベルトを削ることになり、スリップによる異音や、
           削れカス、発熱による発電機故障原因にも繋がります。
       ベルトは、通常3~5年に一度交換が目安ですが、定期的に交換する事により、
      早期発見にも繋がり、深刻なダメージ前であれば、修理費用も抑える事ができます。
   「乗ってないから大丈夫」ではなく、乗っていないからこその点検ポイントもあるので、ご注意を。